D-BlogX

D-BlogX

自分の使用したガジェットのレビューや感想を書くブログです.

新型MacBook Pro 2016 touch bar無しモデルを触ってきたよ!

おはようございます、ホラさんです!

少し前にヤマダ電機へPS4を買いに行ったのですが、そこでたまたまMacBook Pro 2016のtouch bar非搭載モデルが展示されていたのでお触りしてきました! f:id:dmoviex:20161113213139j:plain

失われたMacBook Air 11インチ

まず、展示品を見回すと新型MacBook Proよりも目を引かれたのは「MacBook Air 11インチ」が無くなっていたことです…
事前に無くなったという情報は知っていたのですが、まさか既に店頭からも無くなっているとは思いませんでした(在庫自体はあるかもしれません)
これまで初Macノート購入の入門機種として大活躍したMacBook Air 11インチに黙祷を捧げます。南無。

f:id:dmoviex:20161113213224j:plain

MacBook Proを触った感想

はじめに言って起きますが、僕が触ったのは「touch bar非搭載モデル」です!!!!
なので確認できたのは

  • 重さ、軽さ、薄さ
  • 第2世代バタフライキーボード

のみですので「touch barの使用感をお求めの方はここでお戻りください!!!」

第2世代バタフライキーボードを触ってみて

ファーストインプレッションは正直違いがわからず
「所詮バタフライキーボードはバタフライキーボードであってバタフライキーボード止まりなんだよなぁ」
と小馬鹿にした態度を取っていたのですが、しばらく打っていくと段々と、着実に、そして確実に未知の感覚が押し寄せてきます。


打ちやすさが格段に上がったわけではありません。ですが、決定的に違うのです。
僕はその感覚の中にある姿が見え隠れしました。そうです、MacBook Airです。


前の記事でも書いたとおり、僕はMacBookを使う前にMacBook Airを使っていたため普通のキーボードの感覚が染み付いています。

dmoviex.hatenablog.com

そんな感覚を、この第2世代のバタフライキーボードは呼び起こしてくれました。


もちろん完璧に再現というわけではありません。ですが、ストロークの深さ、沈む感覚が従来のMacノートに近づいたことは確実です。


板を殴っていた感覚から発泡スチロールを殴る感覚へ、そんな進化を味わせてくれました。
ちなみに僕は買いません。

広告を非表示にする