D-BlogX

D-BlogX

自分の使用したガジェットのレビューや感想を書くブログです.

有害広告のもたらす弊害

僕が最近読んだ漫画

タイトルが恋は雨上がりのようにという恋愛漫画です
恋は雨上がりのように1巻


これを読んだきっかけは、通り魔説教と俗称された某漫画のレビューで比較として挙げられていたという理由です。

出会いは広告

ただ、実はそれよりも前にこの漫画の存在は知っていました。どこで知ったかというと、"広告"です。
これがちゃんとした広告ならいいのですが、

常にアダルト漫画を紹介していてスマホのした部分に張り付くタイプの、所謂

”有害広告”
という奴でした。
僕は有害広告で紹介されているものにあまり良い印象を持てないので、てっきりこの漫画もあまり良いものではないのだろうなと軽率な判断をしていました。
あと単純に広告の謳い文句が如何にもな感じだったのもマイナスです。

実際に読んでみると

とても面白いです。
想定していた、いかがわしい描写ありきではなくしっかりとした物語で進んでいます。
気になる方はぜひ読んでみて下さい。

有害広告の弊害

この経験から、有害広告というのは広告としての役割を果たせていないのでは?と思いました。
もちろん、元々紹介されているジャンルに興味があり、それを欲する人には効果的かもしれませんが、恐らく何の興味のない言わば新規の人間としては”嫌悪感を抱く人”の方が多いのではないかと思います。

広告費の問題などもあるでしょうが、もう少し正当な主張の広告にすることでユーザー側と販売側の双方に効果があるのではないでしょうか。

広告を非表示にする