D-BlogX

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D-BlogX

自分の使用したガジェットのレビューや感想を書くブログです.

macOS sierraにwaifu2x-converter-glslを導入、躓いた所と解決法

皆様、クリスマス・イブをどうお過ごしでしょうか。
私は女の子と遊ぶ予定があったのですが、macOS sierraにwaifu2xを導入しようと悪戦苦闘しているのでまだ遊べてません。
waifu2xはニューラルネットワークを用いて画像データの高解像度化を図るものです。導入する際に上手く行かなかった所とその解決法を備忘録代わりに記したいと思います。

なおこの記事ではwaifu2x-converter-glslは
~/.src/
にgit cloneしたものとします


参考にさせていただいたサイト様

Mac OS X Yosemiteでwaifu2xをインストールして使えるようにする - yuukiar.co

El Capitanでwaifu2x-converter-glslをビルドする – 愛のらくがき帳

エラー

opencv3がインストールできない

Homebrewを使ってopencv3をインストールする場合

brew install opencv3 --with-opengl --with-qt5 --with-tbb --c++11

と入力してインストールするのですが、sierraの仕様の関係でオプションに–HEADを付ける必要があるようです。

Failed to download resource “qt5”

opencv3をインストールする際、同時にQt5もインストールされます。その際に

Failed to download resource "qt5"

といったエラーが出ました。よくわかりませんがそういえばHomebrewにupdateを掛けていなかった事を思い出し、updateとupgradeをしてみたらうまくいきました。

brew update  
brew upgrade

The /usr/local directory is not writable.

localへの書き込み権限が無いので追加します。

sudo chmod 777 /usr/local

ここでは全権限を与えていますが、必要なのはwritable、つまり書き込み権限だけなので皆さんはそうしてください。僕はめんどくさかったのでこうしました。

ld: library not found for -lglfw3

gitcloneでコピーしたwaifu2x-converter-glsl.xcodeprojをxcodeで開き、PathsとBuild Phasesにopencv3のパスを追加するとこのようなエラーが出ます。

clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
ld: library not found for -lglfw3

これはBuild PhasesのLink Binary With Librariesからglfw3.aを削除し、
/usr/local/Cellar/glfw/3.2.1/lib/libglfw.3.2.dylib
を追加すると治ります。

ビルドしたディレクトリからツール実行できない

ビルドしたツールが存在するディレクトリ内から相対パスでツールを指定して実行しようとしてもできなかったです。環境変数絡みのエラーだと思いますが、とりあえず当該ディレクトリからツールをフルパスで指定したら動きました。

cd ~/.src/waifu2x-converter-glsl/
~/.src/waifu2x-converter-glsl/waifu2x-converter-glsl -i #オプション指定

make bootstrapが長い

終わるまで待て

まとめ

Macbook 2015はGPUもCPUもショボショボのため超高熱を放ったまま動かないストーブになってしまいました。
おっともう昼過ぎになってしまいました。これでは女の子と遊ぶ時間は無さそうです。

にしても本当にすごいな・・・

左(アップスケール:2704×4000):右(通常:1352×2000) f:id:dmoviex:20161224130455p:plain
f:id:dmoviex:20161224130506p:plain

本家様

http://waifu2x.udp.jp

Web上で使える本家様です。ローカルで実行しないという方ならお気軽に使えるので便利です。

広告を非表示にする