D-BlogX

TrueWalls Blog

自分の使用したガジェットのレビューや感想を書くブログです.

【レビュー】間違えて消したデータを復旧する方法をご紹介、フォーマットしても大丈夫【EaseUS Data Recovery Wizard】

恐らくパソコンを使っていて絶対に一度はあると思われる誤ったフォーマットでデータを消してしまった事件。
今回はデータ復旧ソフトである【EaseUS Data Recovery Wizard for Mac】を使用し、実際にデータがどれほどリカバリーできるのかを試してみました。

復旧できるデータの種類

f:id:dmoviex:20170926114025p:plain

写真復旧ソフトと謳われていますが、その実リカバリーできるファイルは多種に渡ります。
以下は公式サイトに記載されている対応したファイルの拡張子です。

イメージファイル

JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR, WMF, DNG, ERF, RAW, SWF, SVG, DWG, NRW, ARW, RW2, KDC, 3FR, MEF, PEF, SRW, X3F, DXF, FH11 ...

音楽ファイル

AIF/AIFF, M4A, MP3, WAV, WMA, APE, MID/MIDI, OGG, AAC, RealAudio, VQF ...

ビデオファイル

AVI, MOV, MP4, M4V, 3GP, 3G2, WMV, ASF, FLV, SWF, MPG(MPEG), RM(RMVB), MKV, MXF ...

ドキュメントファイル

DOC/DOCX, XLS/XLSX, PPT(PPT/PPTX ), PDF, CWK, HTML(HTM), INDD, EPS, PAGES, KEY, NUMBERS, VSD, ODT, ODP, ODS, ODG, ODF, RTF, PLIST, TAX, MAT ...

その他

Emails, Archives, exe, SIT/SITX, FCPEVENT, dmg, abcddb, pkg, itl, olm, emlx, ipa ...

写真はもちろん動画や音楽、さらには圧縮ファイルも可能だそうです。その他のファイルとは、Macを使用していると不可視ファイルとして存在するSpotlightのファイルまで復旧できました。実際にその流れをご紹介します。

使用メディア

今回使用するメディアはSDカードです。
f:id:dmoviex:20170926115058j:plain
未開封の状態からexFATで1度フォーマットをかけた状態にしてあります。 パーティションの名前はnewです。
f:id:dmoviex:20170926115141p:plain

用意したファイル

  • テキストファイル(.txt)
  • 画像ファイル(.png
  • 音楽ファイル(.mp3)
  • 動画ファイル(.mov)
  • 特殊なファイル(.pxm)

を用意しました。
テキストファイルにはbase64エンコードした文字列が記載されており、復元の際に一文字でも失敗すると文字のデコードができません。
f:id:dmoviex:20170926115444p:plainf:id:dmoviex:20170926115600p:plain

次に画像ファイルですが、こちらは私の運用しているTrueWalls.netのロゴを使用します。
f:id:dmoviex:20170926115736p:plain

音楽ファイルは私がCDから取り込んだ物を利用します。MP3です。

動画ファイルは僕がiPhone 6sで撮影した4Kのかわいい猫ちゃんです。
f:id:dmoviex:20170926115846p:plain

最後に特殊なファイルですが、これはMac用画像編集ソフトのPixelmatorにおける保存ファイルです。Photoshopにおけるpsdファイルと同じものですね。
これも一見すると1つのファイルのように見えますが、このファイルの中に細かいプロパティや画像データが多く含まれており復元が失敗すれば開くことができなくなります。
f:id:dmoviex:20170926120250p:plain
以上のデータをSDカード内のボリュームnewに保存し、ゴミ箱は何も存在しない状態です。
f:id:dmoviex:20170926120143p:plain

実験内容

この前提条件の元、今回は以下の実験をしてみます。

  1. ゴミ箱に入れて空にする
  2. CLIでやりがちな「rmコマンド」による削除
  3. クイックフォーマット(exFATexFAT
  4. 別のフォーマットへ初期化(exFAT→HFS)

ゴミ箱に入れて空にする

まず、多くの人が取る方法であろう1をやってみます。
f:id:dmoviex:20170926120951p:plain f:id:dmoviex:20170926121003p:plain f:id:dmoviex:20170926121015p:plain f:id:dmoviex:20170926121028p:plain

はい、全部消えました。

さて、一般的には復旧するのは難しい状態です。というわけで早速EaseUS Data Recovery Wizardを使ってみましょう。
最初の画面でリカバリーしたいファイルの種類を選び、続けるを押すと復旧させたいディスクの選択ができます。
今回使用したSDカードを選択し、スキャン開始です。
f:id:dmoviex:20170926121454p:plain

するとこのように消えたはずのデータが出てきます。
f:id:dmoviex:20170926121641p:plain

当然、ゴミ箱の中にもSDカードの中にも存在していない、正真正銘消えたデータです。("消えた"の定義はOSが認識できないという体で進めます)

更に驚いたのは、Quick Lookに対応している点です。これなら消えたデータの内容を確認してから、必要なものだけリカバリーするという作業がしやすくなります。
f:id:dmoviex:20170926121950p:plain

そしてスキャンできたファイルはツリー構造で表示されたり、種類別に表示されるので非常に視認性が高い仕様となっています。これであれば復旧するファイルが多くても必要なものを確実に探し出すことが出来ます。
f:id:dmoviex:20170926123022p:plain

さて、今回リカバリーしたファイルを保存する場所ですが、ご法度承知でSDカード内にしたのですが、
そうしたらこのようにちゃんと警告を出してくれました。
f:id:dmoviex:20170926123201p:plain

では実際にリカバリーを開始します。
リカバリーにかかった時間ですが、300MB弱のデータではそれほどかかりませんでした。
f:id:dmoviex:20170926123318p:plainf:id:dmoviex:20170926123328p:plain

リカバリーしたデータを見てみると、既にアイコンから復旧が成功しているのがわかります。
f:id:dmoviex:20170926123423p:plain
以下は復旧したデータです。
f:id:dmoviex:20170926123640p:plainf:id:dmoviex:20170926123646p:plainf:id:dmoviex:20170926123708p:plain

はい、音楽データやpxmファイルを含めてすべてのファイルが復元されていました。
この時点で、殆どの人はEaseUS Data Recovery Wizardを使用することで消えたデータが復旧できることがわかりました。

CLIでやりがちな「rmコマンド」による削除

次はコマンドラインからの削除です。
よくあるのが、名前の変更をしようとしてmvコマンドを使うはずが、勘違いで"rmコマンド"を使ってしまいゴミ箱を介さないのでそのままデータが消えてしまった・・・という事です。
はい、この方法はゴミ箱を介さないためCLIに慣れてない人がinodeの復旧作業までしようとすると難しい面があります。
そこでEaseUS Data Recovery Wizardを利用してリカバリーができるのかを試したいと思います。

まずrmコマンドでファイルを消します。

rm -rf /Volume/new

これで全部消えたので、スキャンしてみます。
f:id:dmoviex:20170926125053p:plain

普通に成功しました。 リカバリーも成功です。

クイックフォーマット(exFATexFAT

さて、ゴミ箱からの削除と同じくらい多い失敗がこちらではないでしょうか。
ゴミ箱からの削除よりフォーマットの方が深刻なイメージが有ります。だって初期化なんて言われてますから。
というわけでフォーマットしました。 f:id:dmoviex:20170926125426p:plain
ちなみに最初に言っておきますが、セキュリティレベルを上げて0フィルなんてやり出したら復旧はできません。
これはソフトウェアの問題とかではなく当然の仕様です。そもそも、そこまで人為的に復旧不可な状態にしようとした記録媒体を復旧しなければならなくなったなんて状況はあまり現実的ではないので、ここではOS標準のクイックフォーマットを用います。

といいつつも、クイックフォーマットでのスキャンは失敗しました。
f:id:dmoviex:20170926125957p:plain

あれだけ言っておいてクイックフォーマットも復旧できないのかよ、と思われた方、安心して下さい。
ディープスキャン機能があるので、今度はそちらでスキャンします。
f:id:dmoviex:20170926130050p:plain

そうすると、しっかりとファイルがスキャンできています。
f:id:dmoviex:20170926130148p:plain
ではリカバリーしてみましょう。
f:id:dmoviex:20170926130358p:plain
f:id:dmoviex:20170926131852p:plainf:id:dmoviex:20170926131856p:plainf:id:dmoviex:20170926131906p:plain
結果としては、テキストファイル、音楽ファイル、画像ファイルは復旧成功。動画ファイルは失敗です。
というのも、movは若干特殊な動画ファイルなので復元が難しかったのだと思われます。

別のフォーマットへ初期化(exFAT→HFS)

フォーマットしてしまうと言っても、必ずしや同じファイルシステムでフォーマットするとは限りません。今回はexFATからMac標準フォーマットであるHFSでフォーマットを掛けてみたいと思います。
f:id:dmoviex:20170926140747p:plain f:id:dmoviex:20170926140657p:plain f:id:dmoviex:20170926140707p:plain

ファイルシステムまで変えてフォーマットをしたら本当に絶望的ですね。
ではまず普通のスキャンです。
f:id:dmoviex:20170926140911p:plainf:id:dmoviex:20170926140916p:plain

残念ながらファイルは見つかりませんでした・・・。
次はディープスキャンです。
f:id:dmoviex:20170926140958p:plain
なんと、しっかりとファイルが見つかりました!!
実際にリカバリーしてみました。
f:id:dmoviex:20170926141051p:plainf:id:dmoviex:20170926141056p:plain
結果としては全てのファイルが復元できました。
先程失敗したmovファイルも再生できたのは意外でした。

まとめ

例えばデータ復旧のサービスを行っている業者さんなんかだと安くて8,000円、高ければ平気で数万円まで費用がかさみます。
また、セキュリティ上もあまり第三者に自身のデータを見られるというのはよろしくありません。
その点、このソフトを用いればほとんどのファイルを普及できますので、データが消えてしまって困っているという方は試してみる価値が有ると思います。

公式サイト
Macjp.easeus.com Windowsjp.easeus.com