D-BlogX

TrueWalls Blog

自分の使用したガジェットのレビューや感想を書くブログです.

iMacではなく15インチMacBook Proへの乗り換えを決意した理由

お久しぶりです。
僕は以前から12インチMacBookと21.5インチiMacの二台運用でした。
といっても、12インチは言わずもがな21.5インチは5年も前の代物で流石にキツい。
一年ほど前に、流石に限界だと思ってiMacの内蔵HDDをSSDに換装しました。それにより確かに起動やファイル操作などの小回りは早くなったのですが、画像編集や動画編集、仮想環境を立ち上げると無理です。
なので、これを機に今ある2つのMacを取っ払い、15インチMacBook Proへ統一したいと思います。 今回は、その結論に至るまでの記事です。

iMacMacBook Pro

まずメインPCの買い替えにあたり候補となったのは2つ。
1つはiMac
f:id:dmoviex:20180123210811j:plain

もう1つはMacBook Proです。
f:id:dmoviex:20180123210937j:plain

この2つの違いはノートPCか一体型デスクトップかなんですけど、スペックだけでみたらほぼ同じです。(13インチと21.5インチの比較)
しかし、値段で言えば圧倒的にiMacが安いんですね。
iMacの利点として

  • 最低スペックでも外部GPUが搭載されている
  • 高価な4Kディスプレイが採用されているためコスパが高い
  • 5Kモデルでも20万ほど

と言った感じです。MacBook Proで外部GPUを積んだモデルは最低でも27万円ほどするので、15万ほどで4Kディスプレイ付きのPCが手に入るのはかなりコスパがいいです。
ちなみに言い忘れていましたが、この記事におけるMacのモデルは全てカスタム無しの、店頭で購入できるスペックでの比較です。
その前提で気になる点が以下です。

  • FusionDrive搭載で完全SSDではない
  • どのモデルも8GBメモリが標準
  • どのモデルもcore i5が標準

という点です。全てオンラインストアでカスタムすれば済む話なんですが、店頭販売してるものしか買えないとなるとかなり痛いです。

MacBook Pro、13か15か

そうなると当然MacBook Proにしても13インチは候補から外れるわけです。
ただ、13インチと15インチの値段差はデカイので段々と13インチで大丈夫な気がしてきます。
しかし、実際に13インチのメモリを16GBに、CPUをcore i7(デュアルコア)にとカスタムすれば結構高くなります。そこに外部GPUクアッドコアCPUが乗っているのですから、コスパで考えればむしろ15インチのほうが得なのではとも思えてきました。
そもそも店頭販売してる最高スペックのMacは15インチMacBook Proしか無いんです!
せめて13インチでも最低メモリ16GBにしてくれれば考えたのですが

携帯性について

今まで僕が買ってきたMacノートはMacBook Air 11インチと12インチMacBookです。
このように薄型モデル(筺体がシャープなもの)ばかり買って来たのはやはり重量やサイズといった携帯性に関わる部分を懸念したからです。
しかし、15インチMacBook Proなど携帯性とは真逆の存在です。
なぜこれまで携帯性を意識してきた僕が15インチの購入に踏み切れたのか、それはiPad Proの存在です。

dmoviex.hatenablog.com

この記事でもあるように、iPad Proは最強です。コンテンツ閲覧やちょっとした物書きならこいつで充分なので、Macノートにまで身軽さを追求しようとするのはやめようと思いました。
15インチのスペックを見たところ、重量は約1.8kgです。2kgを切っています。
実際に店頭で触ったところ、確かに重いです。ただ、15インチの重さよりも気になったのは13インチが意外に軽くないということです。

13インチも重いなら、わざわざ15インチを我慢しなくてもいいのでは?という結論になりました。

というわけで

今週くらいに購入する予定なので、手元に届いたらレビューしたいと思います。