D-BlogX

TrueWalls Blog

自分の使用したガジェットのレビューや感想を書くブログです.

Macを買い替えたら真っ先に入れておく必須なアプリ軍を紹介

どうも、メインのmacMacBook Pro 15インチへ乗り換えました。
MBP自体の感想はまた後日ということで、今回紹介したいのはアプリです。

TimeMachineを用いず一から環境構築

もともと使っていたmacのバックアップはTimeMachineで取っていたのですが、如何せん長年の使用で使わないゴミファイルが深層ディレクトリに散らばっているので丸ごと復元するのは気が引けました。
そのため1から環境を構築した際に改めてこのアプリは絶対に必要だなと思ったアプリを再確認したので、今回はそれを紹介したいと思います。

Macのオススメアプリ

ブラウザ編

Google Chrome

まぁ、語るまでもない超メジャーブラウザですね。
4Kディスプレイを導入して気付いたのですが、YouTubeで4K60fpsの動画を再生する場合はChromeでしか対応していないようです。
バッテリーとメモリを爆食いするとの悪評もありますが、ブラウザ標準の翻訳機能も優秀なこともありとりあえず入れておくブラウザです。

FireFox

新バージョンとなりめちゃくちゃ早くなった火狐。僕はまだビギナーなので使いこなせていませんが、基本的にネットを閲覧するだけならFireFoxを使っています。

メッセンジャー

LINE

もはやスマホに入れていない人の方が少ない程のメッセンジャーです。Windows/Mac/Linuxのデスクトップ向けアプリがあるので入れています。

Discord

最近Skypeの地位を完全に奪ったゲーマー特化のチャットツールです。SlackライクのUI、非常に優れたサーバー・チャンネルの仕組みとチャットログの扱いやすさから重宝しています。

メディアプレイヤー編

IINA

オープンソースのメディアプレイヤーであるMPVからフォークして作られたmacOS向けのメディアプレイヤーです。
特徴は軽量な動作と対応するフォーマットの多さです。
アプリ自体の動きがとても軽く、mac標準のQuickTime Playerと遜色ないくらいです。更にはQuickTime Playerよりも多くのフォーマットに対応しているため、ほぼ全ての動画ファイル、音楽ファイルを開く際の標準アプリにしています。MPVのコンフィグファイルも読めます。

Project IINA - The modern video player for macOS

Office編

Microsoft Office

今時Google ドキュメントでどうにかなるんですが、やはりネイティブアプリでないと不便な面もあります。ファイル管理がローカルで行えない点とかね。
macにはクオリティの高いオフィススイートであるiWorkがありますが、Keynote以外のPages、Numbersはちょっとおバカなので高い金をお布施してMicrosoftに魂を売っています。

ユーティリティ編

iTerm2

macでは非常に有名はターミナルエミュレータです。標準ターミナルより扱いやすいです。

Homebrew

アプリではないですが、macで使えるパッケージ管理ソフトです。

ffmpeg

動画や音楽ファイルの変換等に使えます。本当はもっと使いみちはあるのですが、僕はそれくらいしか使いこなしていません。

vim

この世で最も優れていると言っても過言ではないエディタです。信者ではありません。

CotEditor

プログラムだけでなくHTMLやCSSを開くときにも使える軽量なエディタです。

Wine

Windows向けのソフトウェアをUnix系で動作させるアプリです。
macでも使えます。Windows向けのソフトウェアと言っても全てのソフトウェアを実行できるわけではありません。

Transmission

Torrentを使用する際のアプリです。

デザイン、その他

Pixelmator

Photoshopライクなフォトレタッチソフトです。非常に安価で使いやすいデザインなので、買って損はありません。

Affinity Designer

Illustratorの代替アプリとして有名なデザインソフトです。これもIllustratorより安価です。

FontPreview

macにインストールされているフォントを実際のフォントデザインを見ながら確認できます。

とりあえず入れとけ編

BetterTouchTool

まず入れただけで優れたウィンドウマネージャーになります。WindowsのAero機能のようにウィンドウを四隅あるいは天井にドラッグすると勝手にリサイズしてくれます。
このアプリの真髄はそこではなく、非常に幅広いキーボード、トラックパッドマウスジェスチャ、TouchBarのショートカット機能ですね。 とりあえず入れておき、どんどんカスタマイズしていってください。BTTを使いこなす事はMacの使いやすさに直結します。

まとめ

とりあえず上記のツールさえ入れてあれば生活に困ることはありません。
ぜひ参考にしてください。